MENU

REPORT

2017.03.18 GAME No.2

【プレーオフ ファーストラウンド】東北フリーブレイズ vs 日本製紙クレインズ

テクノルアイスパーク八戸 17:00 Face Off

Blades
4
11P0
22P1
13P1
2
Cranes

44. 伊藤

GK

61. 石川

①14. 田中(豪)(90. 平野, 22. 田中(遼))
②38. 山田(42. ポープ, 2. ジャレット)
③38. 山田(47. 篠原(亨))
④40. 河合(28. 山下, 9. 元野)

得点

①36. 髙見(91. 中島, 77. 梁取)
②28. ラベッキオ(18. 重野, 55. ボラー)

【若林監督】
久しぶりの八戸でのプレーオフということもあり、多くのファンの皆様に集まっていただき、素晴らしい雰囲気中でスタートすることが出来ました。そしてその勢いに後押しされ、スピーディー且つパックをキープできる様なプレイ―も続き、いい流れを作ることが出来ました。リンク八戸で多くのファンの皆様の前でこのプレーオフをスタートする事が出来ました。

また、追加点の欲しい場面で山田のゴールがあったり、守りの面でもGK伊藤を中心に身体を張って守ることができました。第3ピリオドはクレインズのスピードに押される場面もあり、その対応を明日の修正点として準備していきたいと思います。

コメント

【竹内監督】
短期決戦のプレーオフということもあり、試合の入り方に関して意識して挑みましたが、固いスタートになってしまいました。明日に向けては、次に何をやっていくのかが非常に大切になってくるので、ポジティブにとらえて、どう戦っていくのかを選手たちに話していきたいと思っています。

(C)ASIA LEAGUE ICE HOCKEY All Rights Reserved.