MENU

NEWS

2017.03.15

リーグ情報

アジアリーグアイスホッケー2016-2017 レギュラーリーグ表彰 受賞者決定のお知らせ

AL_web_01.jpg

アジアリーグアイスホッケー2016-2017 レギュラーリーグ216試合、全ての試合が終了し、レギュラーリーグ表彰受賞者が決まりましたのでお知らせいたします。
なお表彰式につきましては、該当する選手・チームのプレーオフ初戦である3月18日(土)のファーストラウンドでの試合開始前、もしくは3月25日(土)のセミファイナルでの試合開始前に行う予定です。

 

■リーダーズフラッグ (レギュラーリーグ1位)
 アニャンハルラ (3年連続5回目)

■レギュラーリーグ 最優秀選手賞  (道新MVP、スポニチMVP、サンスポMVP 協賛:北海道新聞社/スポーツニッポン新聞社/サンケイスポーツ)
 アニャンハルラ/#19 キム サンウク (初)

■最多得点選手賞  (STV最多得点選手賞 協賛:札幌テレビ放送株式会社)
 サハリン/#77 ベルニコフ ルスラン (初/36得点)

■最多アシスト選手賞 (HTB最多アシスト選手賞 協賛:北海道テレビ放送株式会社)
 アニャンハルラ/#19 キム サンウク (初/54アシスト)

■最多ポイント選手賞
 アニャンアハルラ/#19 キム サンウク (初/68ポイント)
 東北フリーブレイズ/#42 マット・ポープ (初/68ポイント)

■最優秀セーブ率GK賞
 アニャンハルラ/#86 マット・ダルトン (2年ぶり2回目/93.85%)

■ベスト6
 ▼ベストFW (3名)
  アニャンハルラ/#19 キム サンウク (初)
  東北フリーブレイズ/#42 マット・ポープ (初)
  サハリン/#77 ベルニコフ ルスラン (2年ぶり2回目)

 ▼ベストDF (2名)
  アニャンハルラ/#29 エリック・リーガン (3年連続3回目)
  東北フリーブレイズ/#75 ローガン・スティーブンソン (初)

 ▼ベストGK (1名)
  アニャンハルラ/#86 マット・ダルトン (2年ぶり2回目)

■ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー (新人賞)(Breakawayヤングガイ・オブ・ザ・イヤー 協賛:ケイ・スクウェア株式会社)
 日本製紙クレインズ/#91 中島 彰吾

■レフェリー特別功労賞
 山内 秀貴/(公財)日本アイスホッケー連盟所属 (初)

■ホッケータウンインアジア
 苫小牧市 (8年ぶり2回目)
【受賞理由】
苫小牧市は1966年に「スポーツ都市」を宣言し、2016年で50周年を迎え、「スポーツ都市宣言50周年」としてスポーツを通じて「観る」、「する」、「支える」をテーマとした様々な活動をする中で、アイスホッケーを通じて、苫小牧市のスポーツ振興と青少年の健全育成を図ってきました。
更には地元のアイスホッケーチームである王子イーグルスと、「王子イーグルスを応援しよう!」を目的とした包括連携協定を結び、苫小牧市および王子イーグルスのPR、市民との交流、地域貢献活動を進めてきました。
今回、スポーツ都市宣言50周年、包括連携協定に加え、ホームリンクである白鳥王子アイスアリーナについては創設20周年、苫小牧をホームとする王子イーグルスは創部90周年という記念すべきシーズンでもあったこと。
王子イーグルスは苫小牧市と白鳥王子アイスアリーナと連携を進めて、市民活動への参加や、各イベントの開催、SNSを活用した情報発信や試合写真の掲示、観客動員活動などを実施し、観客動員の増加に繋がったことが大きな要因となり、ホッケータウン・イン・アジアの受賞となりました。

 

 

■アジアリーグアイスホッケー2016-2017 レギュラーリーグ最終順位

順位 チーム名 勝敗 勝点
1位 アニャンハルラ 41勝7敗 120
2位 サハリン 36勝12敗 109
3位 王子イーグルス 32勝16敗 96
4位 東北フリーブレイズ 28勝20敗 85
5位 日本製紙クレインズ 25勝23敗 79
6位 H.C.栃木日光アイスバックス 24勝24敗 69
7位 ハイワン 15勝33敗 43
8位 デミョンキラーホエールズ 8勝40敗 26
9位 チャイナドラゴン 7勝41敗 21

 

なお、公式記録に関しましては『アジアリーグアイスホッケー公式記録』をご覧ください。
アジアリーグアイスホッケー公式記録

 

(C)ASIA LEAGUE ICE HOCKEY All Rights Reserved.