MENU

NEWS

2015.02.12

リーグ情報

ペナルティーの処分について

AL_web_01.jpg

 

ペナルティーの処分について

2015年2月11日(水)の試合において、ゲームミスコンダクトペナルティが発生いたしましので、ペナルティの処分をお知らせいたします。

◆試合:2015年2月11日(水)「日本製紙クレインズ vs ハイワン」 会場:日本製紙アイスアリーナ (日本)

チーム名 番号 選手名 ペナルティ 処分
ハイワン 5 ブライアン・ヤング
(YOUNG, Bryan)
ゲームミスコンダクト
(526条-b→ガイドライン1.1適用)
なし

※526条-b:肘をつかって(エルボーイングによって)相手に怪我をさせた選手へのペナルティ

第2ピリオドの6分過ぎに、クレインズ・#36高見選手がパックをキープしアタッキングゾーンに入った後、ハイワン・#5ヤング選手がフェンス際で1度チェックし、クレインズ・#36高見選手がパックを離したが、その後も執拗にチェックし、ハイワン・#5ヤング選手の肘がクレインズ・#36高見選手の顔に接触し、出血をしたため、メジャーペナルティ+自動的なミスコンダクトペナルティーとなり、上記のペナルティとなりました。

 

(C)ASIA LEAGUE ICE HOCKEY All Rights Reserved.