MENU

NEWS

2015.02.09

リーグ情報

ペナルティーの処分について

AL_web_01.jpg

 

ペナルティーの処分について

2015年2月8日(日)の試合において、ゲームミスコンダクトペナルティが発生いたしましので、ペナルティの処分をお知らせいたします。

◆試合:2015年2月8日(日)「東北フリーブレイズ vs 王子イーグルス」 会場:磐梯熱海アイスアリーナ (日本)

チーム名 番号 選手名 ペナルティ 処分
東北フリーブレイズ 44 ブラッド・ファリヌック
(FARYNUK, Brad)
ゲームミスコンダクト
(525条-a→ガイドライン1.1適用)
なし
東北フリーブレイズ 75 ローガン・スティーブンソン
(STEPHENSON, Logan)
ゲームミスコンダクト
(550条-d→ガイドライン1.8適用)
累積3回目
3試合出場停止
(2015年2月14日、
2月15日、2月17日)

 

※525条-b:クロスチェッキング(スティックを両手に持ってチェックをする反則)によって相手選手に怪我をさせた選手へのペナルティ

※550条-d:氷上にいる選手がミスコンダクトペナルティを科された行為を執拗に続けた選手へのペナルティ

試合終了時にイーグルスのディフェンディングゾーンにて、フリーブレイズ#44・ファリヌック選手がイーグルス#8・高橋選手に対してクロスチェックを行い、それに対してイーグルス#8・高橋選手がラッフィングを行ったため、共にペナルティーが科せられました。その後、フリーブレイズ#75・スティーブンソン選手とイーグルス#14・大澤選手がいさかいを始め、共にラッフィングが科せられました。しかし、フリーブレイズ#75・スティーブンソン選手がレフェリーとラインズマンの静止を聞かず相手に向かって行ったため、アンスポーツマンライク・コンダクトが科せられましたが、再度、相手に向かって行ったため2度目のアンスポーツマンライク・コンダクト(ミスコンダクトペナルティ)が科せられました。その際にレフェリーに対し暴言を言ったためゲームミスコンダクトペナルティ(1試合出場停止)となりました。なお、フリーブレイズ#75・スティーブンソン選手はゲームミスコンダクトが累積3回目のため追加処分(2試合出場停止)が科せられ、上記の処分となりました。
またその後、フリーブレイズ#44・ファリヌック選手がイーグルスのベンチ前でイーグルスの選手に対してクロスチェックを行ったため、ゲームミスコンダクトペナルティとなりました。

 

(C)ASIA LEAGUE ICE HOCKEY All Rights Reserved.