MENU

NEWS

2014.09.02

リーグ情報

田尻邦夫チェアマン就任のお知らせ

AL_web_01.jpg

アジアリーグアイスホッケーは、本日2014年9月2日(火)にAL総会を開催し、アジアリーグアイスホッケーチェアマン高野絋三の任期満了による退任により、第4代アジアリーグアイスホッケーチェアマンに田尻邦夫が就任しましたことをお知らせいたします。
パートナー各社をはじめとする関係者の皆様、報道関係の皆様、全国のファン・サポーターにおかれましては、新体制のアジアリーグアイスホッケーに対しまして、引き続き温かいご支援、ご声援を賜りますようお願いいたします。

 

【田尻 邦夫(たじり くにお) プロフィール】
1942年(昭和17年)11月23日生 山梨県出身

<略歴>
昭和41年 伊藤忠商事株式会社入社
平成 8年 同社 取締役
平成10年 同社 常務取締役
平成13年 株式会社デサント 副社長就任
平成14年 同社 代表取締役社長就任
平成19年 同社 相談役
平成21年 同社 退任
現在、NPO法人新社会人養成塾Booster理事長 他。

 

【田尻チェアマン コメント】
「アジアリーグアイスホッケーは日本、韓国、中国そして今シーズンからロシアが加わり、4カ国が一緒になってスポーツを盛り上げて行くというスポーツは他に無いと思います。しかし素晴らしいイベントですが、アイスホッケーは一時よりも観客動員、その他も含めて人気が落ちています。もう少し若い人たちにアイスホッケーの面白さを知ってもらい、もっと観に来てもらい、もっとアイスホッケーにのめり込んで欲しいです。そして、アイスホッケーはアメリカやカナダ、ヨーロッパでは女性に一番もてるスポーツです。私自身いろいろなスポーツや仕事に関わってきましたので、それを参考にして、日本もそういう時代になるように少しでも努力してまいります。
また、競技のレベルはレフェリーで決まる。そして観客の質で決まると思います。観客のレベルが上がればアイスホッケーのレベルも上がるので、観客動員を色々な手段を使ってやっていきたいと思います。
みなさま是非、今シーズンもよろしくお願いいたします。」

 

(C)ASIA LEAGUE ICE HOCKEY All Rights Reserved.