MENU

キッズキャンプ

KIDS CAMP キッズキャンプ

札幌市月寒体育館で、日本製紙クレインズがメグミルクキッズキャンプを開催

会場札幌市月寒体育館
開催日2008年11月18日(火)
インストラクターチーム日本製紙クレインズ
インストラクター相沢監督、佐々木コーチ、中島谷コーチ、外崎選手、西脇選手、今村選手、久保選手、大島選手

アジアリーグアイスホッケー2008-2009メグミルクキッズキャンプ
第2回目は11月18日(火)に札幌市月寒体育館で札幌市内の小学5、6年生30名が参加し、日本製紙クレインズの相沢監督や札幌出身のDF#2外崎選手や昨シーズン北米リーグで活躍したFW#11西脇選手から熱い指導を受けました。佐々木コーチが練習メニューを子供たちへ分かり易く説明した後、クレインズの選手がデモンストレーターとなりドリルが始まります。佐々木コーチはジュニアの指導経験も豊富で彼らのレベルに合ったメニューを紹介、子供たちは楽しそうに練習に取り組みました。パックプロテクションの練習では西脇選手対小学生2名で行われ、西脇選手は本場アメリカで習得した体の使い方を披露していました。練習の合間には相沢監督から声を掛けられ参加した子供たちにとって良い思い出になったことと思われます。練習終了後には相沢監督から「今季の全道少年アイスホッケー大会は釧路で行われます。札幌地区予選で勝ちあがり釧路に来られるように頑張ってください。大きくなったらクレインズに来て欲しい。」とあいさつがありました。練習終了後に記念のキャップが渡され、憧れの選手からサインをしてもらいキッズキャンプを終了しました。終了後にはキッズキャンプオフィシャルトップパートナーの日本ミルクコミュニティ株式会社から「メグミルク牛乳」、同オフィシャルパートナーの日本シグマックス株式会社からは記念品がプレゼントされました。また、参加した子供たちの親や指導者を対象に、日本シグマックス株式会社による「怪我の予防や受傷後の処置について等」のミニセミナーを開催しました。子供たちへのサポートの一助となるでしょう。

PHOTO

tsukisamu_01.jpgtsukisamu_02.jpgtsukisamu_03.jpgtsukisamu_04.jpgtsukisamu_05.jpgtsukisamu_06.jpgtsukisamu_07.jpgtsukisamu_08.jpgtsukisamu_09.jpgtsukisamu_10.jpgtsukisamu_11.jpgtsukisamu_12.jpg