MENU

キッズキャンプ

KIDS CAMP キッズキャンプ

帯広の森アイスアリーナで、日本製紙クレインズがメグミルクキッズキャンプを開催

会場帯広の森アイスアリーナ
開催日2008年10月22日(水)
インストラクターチーム日本製紙クレインズ
インストラクター相沢監督、佐々木コーチ、中島谷コーチ、飯村選手、鬼頭選手、土塚選手、角田選手、石黒選手、大嶋選手

アジアリーグアイスホッケーキッズキャンプは今シーズンで8年目を迎え、「メグミルクキッズキャンプ」へと新たな名称となり、帯広を始め各地で計7回開催されます。
第1回目は10月22日(水)の帯広の森アイスアリーナで行われ、キッズキャンプには帯広近郊の小学6年生30名が参加し、日本製紙クレインズの相沢監督やFW#17飯村選手、FW#33鬼頭選手など帯広地区出身の選手たちから熱い指導を受けました。練習は、普段クレインズが行っているような上級レベルの内容で、子供たちは初めとまどいがあったようですが、徐々に慣れてきてハイテンポにメニューをこなしていました。練習の合間にはクレインズの選手から声を掛けられ、うれしそうに話す子など、参加した子供たちにとって忘れられない体験となったことと思われます。練習終了後はサイン会が行われ、憧れの選手からキャンプオリジナルジャージや帽子にサインをしてもらいキッズキャンプを終了しました。終了後にはキッズキャンプオフィシャルトップパートナーの日本ミルクコミュニティ(株)から「メグミルク牛乳」、同オフィシャルパートナーの日本シグマックス(株)からはタオルの記念品がプレゼントされました。また、キッズキャンプ開始前には、参加した子供たちの親や指導者を対象に、日本シグマックス(株)による「怪我の予防や受傷後の処置について等」のミニセミナーを開催しました。子供たちへのサポートの一助となるでしょう。
さらに翌日は、エスコートキッズとして選手と一緒に入場をしました。

PHOTO

obihiro_01.jpgobihiro_02.jpgobihiro_03.jpgobihiro_04.jpgobihiro_05.jpgobihiro_06.jpgobihiro_07.jpgobihiro_08.jpgobihiro_09.jpg